「なぜ内部から爆発が起こったんですかね」 「知らんね。それは造船所の代理人たるわしに関係のないことだ」  ケノフスキーは何事かを知っているらしいが、喋ることはいやなのであろう。

牝牛嬢の恋

 ケノフスキーは、自分のいっていることに段々熱して来て、果てはドレゴの外套の襟を掴まんばかりの手つきで、「ね、分るだろう。だからゼムリヤ号を世の中へ送ったわがヤクーツク造船所は、救世主の一人なんだ。ヤクーツク造船所はこの偉大なるゼ号型船をわが本国だけに独占しないで、これを広く、現に脅かされつつある人類へ送ることを決意した。崇高なる人類愛の顯《あらわ》れだ。而《しか》もだね、わがヤクーツク造船所は、永年月に亙り大なる犠牲を払いつつ水の圧力と闘ってきたのだ。この聖母マリアの如きゼ号型船は、かかる犠牲と忍苦と研究の支払いによって生まれ出たんだ。ヤクーツク造船所ならでは、何処の造船所で作り得られようか。ね、分かったろう。君のペンによってこのことが世界中に報道されることを期待する。予約注文は早い方がいい、わしのところへ持込んでくれりゃ出来るだけの便宜と利益を図るよ。ま、こういうわけだ」 ドレゴは商人ケノフスキーの能弁にすっかり封殺されていた形だった。なるほどゼムリヤ号について、意外なる本質が明瞭となったことはよろこばしい。が、後ではどうやらケノフスキーの宣伝手伝いを勧誘された形だ。肝腎の椿事《ちんじ》問題の方はいつの間にやら逸脱してしまった。「でも、ゼムリヤ号は、最後はヘルナー山頂で爆破粉砕したというじゃないですか」 ドレゴは、一本突込んだ。「それは仕方がないさ。内部で爆発が起こったんだからね。外部からの圧力には十分強く堪えられるあの船も、内部からの力に堪えるようには考えていなかったからね」 ケノフスキーのこの答弁は尤《もっと》もであった。「なぜ内部から爆発が起こったんですかね」「知らんね。それは造船所の代理人たるわしに関係のないことだ」 ケノフスキーは何事かを知っているらしいが、喋ることはいやなのであろう。

— posted by id at 01:29 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 3.4955 sec.

http://doctor-who-spin-off.com/